ハワイ専門サイト 117ハワイコム:HOME

117hawaii.com / おみやげ / グルメ / ホテル / ファッション / / 映画 / / 写真 / 地図 / 沖縄 / リンク / ブログ

ハワイいろいろガイドブック




 
新「裏」ハワイ読本―本当は教えたくない!観光ガイドには載っていないディープdeお得なスポット
グルメ、ショッピングから「ゲイ」、「夜の情報」まで、さらにウェディング、ブランドショップ、旅行会社ハワイ起業の裏話的コラムなど雑多で下世話な情報満載の本。ゲイ大歓迎のホテルなんてのもありますよ。「夜の情報」が一番充実しているので、ハワイで羽目をはずしたい人は読んどいていいのかも。役に立つのかどうかは私にはわかりませんけどね。
Amazon.co.jpで詳しく見る
 


 
1週間ハワイ
4泊6日、5泊7日などの日程でオアフ島を訪れる観光客のために、その日程でオアフを楽しむ方法が書かれています。ガイドブックとは違って本音の情報がのっているので面白いし役に立ちます。ブランドもののショッピングの方法とか、グルメ関係の情報など、ハワイ初心者にも役に立つ情報だけでなく、リピーターにも「こんな楽しみ方があったんだ!」と思わせる、ちょっとディープな情報満載。
Amazon.co.jpで詳しく見る
 


 
ハワイ・ドライブ・マップ
ハワイでレンタカーを借りてドライブの予定の方はこの本を必ず買ってください!
ルート情報、駐車場の情報、一方通行路などの交通情報、施設の位置などかなり正確でわかりやすい。ハワイで売っている地図よりも詳しいです。それに日本語の地図のほうがあわてずに済みますから。ワイキキなんて一方通行と、駐車場所の少なさに困らされますので、事前に飛行機の中ででもこの本を見てイメージトレーニングでもしておいてください。
Amazon.co.jpで詳しく見る
 


 
エイ出版社の本。「木」へんに、「世」と書いて「エイ」と読む。 会社名もマニアックだが、出している本もかなりマニアック。 この本はオアフ島のサーフポイントの詳細を、イラスト付きで解説している。 ハワイマニアなサーファーにとっては役立つ本に違いない。 わたしはサーフィン未経験なので、このサーフポイントの解説についてはよくわからないのだけれど、「あそこの海はこういう流れになっているのか」とか、“脳内サーファー”と化して想像して楽しむとそれなりに面白い。 サーフショップや、レストラン、ハワイ滞在のための情報などものっているので、ハワイでサーフィンをする予定がない人でも買って損はない本。 
Amazon.co.jpで詳しく見る
 


 
B&Bはベッド&ブレックファストの略で、民宿といっていいでしょう。それゆえにオーナーの個性があふれている。この本はB&Bガイドブックというよりは、写真集といってよいかと思われます。どのページをめくってもハワイの田舎の素朴な雰囲気と、自然のゆたかさが広がっている。あまりにもきれいな写真なので、実際行ってみたら「がっかり・・・」という事もありそうなくらいです。 B&B自体の情報量---実際に宿泊する場合に把握したい情報---については不足していますが、各B&BのURLが載っているので各自御勝手に調べて下さい・・・という事なのでしょう。B&Bに泊まるとなれば、(基本的には)旅行会社で手配してくれるわけではないので、自分で調べて予約もする必要があるから、これはしょうがない。
Amazon.co.jpで詳しく見る
 


 
“モーハワイ・コム”編集長へなちょこ・しゅん氏の個人的嗜好によるオアフ島ガイドブック。ハワイの歩き方などのガイドブックでは扱っていないような内容ばかり。食い物はB級オンリー。岬めぐりとか、場末の遊び場とか、地元の人だってあまり行かないようなところばかり。渋すぎです。 観光旅行というと、ついつい欲張って、あっちの観光スポットへ、こっちのショッピングセンターへと、あわただしく過ごしてしまいがちですが、こういった平凡なスポットにふらっと訪れるのも悪くないかも。なんつうか、地元のホントの空気に触れられる気がするんですよね。あくまで気がするだけでしょうけどね。普通の観光客にとっては買うだけ無駄な本だけど、B級なものが好きなひと、くだらないことに感動できるひと、他人とは違うところに行きたいヒネクレ者にとっては、1500円払うだけの価値の充分ある本です。
Amazon.co.jpで詳しく見る
 


 
4931450121.09.MZZZZZZZ.jpg
ナショナル ジオグラフィックのハワイガイドブック。日本のガイドブックとはまったく質が違います。ショッピングガイドなんて皆無。ホテル・レストラン情報も巻末に、ちょろっ、とある程度。地図もあまり詳しくない。  では何が載っているか、というと、まず写真。世界屈指のフォトグラファーによる美しい写真が満載。ハワイの山・川・海・植物、伝統的な衣装を身にまとう人から、アクティビティを楽しむ観光客の後姿まで。大きいサイズでないのがもったいない。また著述の多くがハワイの文化・歴史・地誌にあてられている。もちろん日本のガイドブックに比べたら内容が濃い。なんとなくハワイに旅行する観光客向けのガイドブックではなくてハワイ文化に触れたいと思う、ハワイ好き向けのガイドブックといえるでしょう。
Amazon.co.jpで詳しく見る
 


 
ハワイ バスの旅
地球の歩き方のTheBUSガイドブック。TheBUSはオアフ島の主要交通機関で、運賃が安いのが魅力ですが、路線がわかりにくかったり、時刻表がわかりにくかったり、うまく利用するのはなかなか難しい。  この本は基本的な情報、主要路線の地図、時刻表が載っています。TheBUSを利用して安くのんびりオアフ島を巡りたいひとには必携です。ただし情報が変更されることがありこのガイドブックの情報だけでは不十分ですので、現地の情報(路線図、時刻表はお店などで手に入ります)、地図なども併用する必要があります。
Amazon.co.jpで詳しく見る
 


 


 
(C) 2003-2007 ハワイ専門・117hawaii.com  Sitemapサイトマップ